デリケートゾーンに黒ずみがあって脱毛しても効果はある?

ホーム / 女性の悩み / デリケートゾーンに黒ずみがあって脱毛しても効果はある?

デリケートゾーンに黒ずみがあってもサロンやクリニックで脱毛できるのかと疑問に感じる女性も少なくないです。
結論から言うと体毛と同程度の黒ずみでなければ、デリケートゾーンに黒ずみや色素沈着があったとしても脱毛は可能です。

黒ずみがある場合のデメリットとその理由


ただし、デリケートゾーンに黒ずみのある状態で脱毛すると、十分な脱毛効果が得られない、黒ずみがない部分よりも強い痛みや肌ダメージを伴う場合があるといったデメリットがあります。

その理由は、毛のような黒ずみがある状態で脱毛を行うと、脱毛で使用する光の熱が毛に集中しないためです。
また、黒い色に光が反応してしまうことにより、熱による痛みやダメージを引き起こしますし、それによって肌トラブルも起こる恐れがあるのです。
デリケートゾーンに黒ずみがあって脱毛は可能ですが、高い脱毛効果は期待できないので、デリケートゾーンの黒ずみをケアしてから脱毛をするのが賢い判断と考えられます。

関連記事→デリケートゾーンの黒ずみを解消する専用コスメの選び方と使い方

デリケートゾーンの黒ずみをケアする最も効果的な方法とは

デリケートゾーンの脱毛をしてツルツルのモテ肌に仕上げるために、デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法として最も効果的なのは、ムダ毛の自己処理をやめることです。
自己処理による刺激はメラニンを大量に生成する大きな原因になるので、自己処理をやめることで黒ずみが自然に解消していきます。
ただ、どうしても自己処理が必要になる場合もあるので、その時には肌の負担が最も少なく安全に使用できる電気シェーバーを使うのがおすすめです。

黒ずみ専用の美白クリームや石鹸も効果的

日常生活を送る中でデリケートゾーンに対する摩擦や刺激をゼロにすることは難しいので、黒ずみ専用の美白クリームでケアして、メラニンの生成を予防し黒ずみの悪化を防ぐことです。
また、デリケートゾーン専用の石鹸を使用して洗うことも黒ずみの悪化を防ぐことにつながります。
一般的なボディーソープや石鹸などは、洗浄力が強くて皮膚が薄いデリケートゾーンは乾燥して、肌が余計に刺激を受けやすい状態になってしまいます。
その為、洗浄力が強くない天然由来の成分で作られたものや、弱酸性で優しい石鹸がおすすめで、肌への刺激を軽減することで悪化を防いでくれるのです。

肌に優しい下着に変えて摩擦を減らしましょう

摩擦の少ない下着に変えることも黒ずみの悪化を防ぐこととして大事なポイントで、下着を変えて肌への摩擦を軽減することも心がけると良いです。
その為のおすすめとしては、ワンサイズ大きな下着や綿100%かシルク素材の下着で、ウエスト部分が締め付けられないレース生地の下着です。
まずは、身につけている下着が、デリケートゾーンを締め付けすぎていないかを見直してみましょう。
それから、食事による内側からのケアも重要です。